日本競馬会往年の騎手

~競馬予想をする上で大切な騎手情報~

日本競馬会往年の騎手〜武豊〜

      2016/11/11

競馬の予想をする上で、騎手の情報を知ることは重要なことです。

競馬騎手〜武豊の出身地〜

有名な騎手である武豊の出身地は京都府ですが、育ったのは滋賀県のトレーニングセンターがある栗東市です。2016年現在もトップジョッキーの一人として活躍しています。

競馬騎手〜武豊の身長・体重〜

身長は170.5cmで、体重は51kg前後を保っています。

競馬騎手〜武豊の生年月日と成績〜

生年月日は1969年3月15日で、騎手としてのデビューは1987年です。デビューしてから1年後にはクラシック競争である菊花賞を勝利しています。

競馬騎手〜武豊の生い立ちから今〜

それからも順調に勝利を重ね、2000年前後には長い期間リーディングジョッキーとして君臨していました。落馬事故が重なり長期離脱を余儀なくされましたが復帰し、成績も復調しています。ダービーを勝利するまでに時間はかかったものの、最初の勝利をあげてからはダービーを5勝しています。2013年にはディープインパクト産駒であるキズナでダービーを勝利しています。
所属団体は日本中央競馬会で、騎手会長を務めるなどメディアへの露出も多くなっています。
武豊の生い立ちは自らの著書やメディアなどからも発信されていますが、競馬場がある淀で生まれ、幼い頃から馬が身近にいたと言うことは有名な話です。

10歳の頃から乗馬を始め、栗東市の小学校と中学校を卒業した後は競馬学校に入学しています。
騎手でもあり後に調教師にもなった武邦彦を父に持ち、競馬一家に育った武豊はデビュー時から注目を集めた人物であったと言えます。
引退した騎手を含めてもJRAで歴代最多勝利を誇り、連続重賞勝利記録も30年続いています。重賞勝利数も歴代トップとなっています。
近年では日本馬でヨーロッパやアメリカなどのレースにも参戦し、海外での成績も目立っています。

このサイトは競馬予想をする上で欠かせない存在”騎手”の特徴を掘り下げていきます。競馬予想サイトも数多くありどのサイトがいいのかわからない事が大半だと思います。そこで、多くの競馬予想サイトを比較し検証したさいと「競馬予想サイト比較」を参考にしてみて下さい。

 - 騎手 , , , , , , , , ,